美容院ソルビスのスタッフをご紹介します。
HOME > 美容院ソルビスのスタッフ > スタッフヴォイス Fumikoバックナンバー

スタッフヴォイス Fumiko バックナンバー

美容院ソルビスのスタッフFumikoのヴォイスバックナンバーを掲載していきます。

カウンセラー Fumiko

自己紹介も含めて読んでもらえると嬉しいです^^  2006年9月1日更新

私は、1965年東京に生まれました。3人兄弟の長女です。
家族全員O型です。厳格な父と、おっとりした母に育てられました。

非常に厳しい家庭だったので、いつも父の機嫌を観察する習慣があり、そのおかげで人の気持ちを理解しよう、よく聞こうとするいい訓練がされたような・・・。
また責任感というものをたたきつけられたのもその頃です。その反面いけないと言われたことにもたくさん興味をもちました。子供の頃から洋服に興味があり、小さいときには、母が作ったワンピースをできあがった日に好きじゃないとハサミで切ってしまったそうです。自分の欲しい物は自分で働いて自由に買いたいと思い、けっこう早くから、勉強そっちのけでアルバイトをしていました。

ちゃんと学校には行っていましたよ〜。だって、さぼるなんて父が怖くてできませんでした。子供が悪いことをすると母のせいと思われては、母がかわいそうと子供ながらに思いまして。やってきたことの内容は疑問もありますが、学校は行っていました。今思い出すと笑ってしまいます。テストの時間は、わからないと平気でクエスチョンマークを書いて、もう終わりましたと平気な顔をしていたようで。今は2児の母となりましたが 子供にそんなことをされても私は責められませんね〜。幸いにも反面教師でそんなことになっていませんが・・・。

高校を卒業する頃は、服飾と美容の両方に興味がありました。中学、高校とオリジナルで洋服をつくったりするのがとても楽しくて・・・。
高校卒業後、文化服装学院のスタイリスト科に入学しました。当時、世の中では、ボロルックがはやっていて(ボロルックとは、アシンメトリーなスタイルで、頭にターバンを巻いたり、ショートヘアでブルーとかのメッシュのヘアスタイル。)、当時のスタイリスト科の通学してくる生徒の服装は、びっくりするほどでした! みんなはりきってオシャレをしてくるのですが、かなり強烈でした〜。当時、私は古着が好きでサンタモニカ、パナマボーイ、OKIDOKI、赤富士やDEPTSTORE、ガレージパラダイスでお気に入りの古着を探してきていました。その頃は古着はとても高かったので買うのは大変でした。

高校3年生のときに、たまたま入ったお店「WEEKENDS」というセレクトショップで、オーナーの近藤さん夫婦と出会いました。私は怖い物知らずの夢見る高校生で、いろいろ夢を語り楽しくお話をさせていただきました。それがきっかけでアルバイトをするようになり、文化服装の学生時代は、ずっと毎日アルバイトしていました。学校のヨーロッパ研修旅行のときに、アクセサリーの買いつけをまかされてトランクいっぱいの買いつけをしたのは、とても楽しかったです。
その後、お店も裏原宿からメインストリートに進出する勢いで大きくなり、オリジナルアクセサリーで有名なお店になり、卒業と同時にそこの会社に就職しました。あっという間に大きな会社になりお店も増えて、買いつけなどで海外によく行かせてもらいました。若さの体力が大きな助けだったと今は思います。その後海外に興味がとてもあったので、自力でお金を貯めて、反対していた父を説得して1988年イギリスへ留学しました。はじめは1年の約束でしたが結局2年も・・・。
とっても強いホームシックにもなったし、親のありがたさに気付くことができました。当たり前だったことがあたりまえでないことだとわかったし、母が毎日書いてくれた手紙は一生の宝物です。手紙を書くのが苦手な私も一生ぶんの枚数の手紙を書きまくりました。いろいろな経験のできた楽しい2年間でした。子育てに一段落したらまた留学したいですね〜。2年間たくさん太陽にあたり生活していたら、お肌の曲がり角と重なってしまい帰国後お肌トラブルが! たくさんのストレスも発生していたのですが・・・。それまでにお肌に何のトラブルもなかった私はショックな肌に悩まされました。

はじめは、知識がないので隠すために厚化粧したり、高い外資の化粧品を試したりしましたが、一向によくなりません。そのときのキレイになりたいという強い気持ちが、美容の世界に入るきっかけとなりました。オシャレをするのにも、トラブルがあった肌では、ぜんぜん決まり方がちがいます。
それから何年か過ぎて7年前にプラチェの前進の化粧品に出会いました。今では、これがないと居られないほど大好きなアイテムです。日進月歩の美容の世界で、前向きに進化し続けていて、うそがない所がいいと思います。だから私たちの美容室では、プラチェを製造しているモアコスメテックのパーマ液を使用しています。

私は、これからまだまだやっていきたい、楽しみたいことは、たくさんあります。年こそとってゆきますが 快適に生活して自分のコンディションを保っていければ、いつでも挑戦できると思っています。

美容の仕事は生涯自分のためにも勉強していくのでこれからも発見があればみんなに伝えていきたいです。私の知識は一生懸命お伝えするので〜。昔は勉強嫌いだった私が、今では時間さえあれば勉強するようになりまわりがびっくりしています。

バランスある楽しい生活を送っていきたい! 仕事だけでもなく、美味しいごはん、きれいな物を見たり、自然と触れ合ったり友達とおしゃべり、遊んだり・・・。

これからも、今までに自分が経験してきたことやいろいろと感じていることを書いていきたいです〜。 これからもよろしくお願いします〜。



美容院ソルビス
美容院 ソルビス [SOLVIS] 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-24-2 1F Tel:03-5701-6366
Copyright 2005 SOLVIS. All rights reserved.
カゴのなかを見る
4�� 2009
�� �� �� �� �� �� �y
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
4�� 2009
�� �� �� �� �� �� �y
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
1�� 2011
�� �� �� �� �� �� �y
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31